音取り・譜読み

【苦手を克服】合唱の音取りが早くなるコツ11選|絶対音感無しでもできる

音取りのコツ
  • 「合唱の音取りって苦手だな…」
  • 「もっと早く歌えるようになりたい」
  • 「絶対音感がなくてもできる方法を知りたいな」

そんな悩みに答える記事です。

こんにちは。えすたです。絶対音感はありませんが初見能力は高い方です。

新しい曲を練習するときの音取り・譜読みが苦手だなという人は多いと思います。

自分だけなかなか歌えるようにならないと、「周りに迷惑を掛けてしまっているのではないか…」と不安になったりもしますよね。

この記事で分かること
  • 音取りのコツを【初級編】【中級編】【上級編】に分けて解説
  • 具体的な譜例を使って実践方法も紹介

この記事で解説している方法は、すべて絶対音感が無くてもできますので、誰にでも取り組んでいただけます。

この記事を読むことで

  • どうすれば音取りが早くなるのか
  • どうすれば初見能力が高められるのか

が分かります。

音取りがそれほど苦手では無い人でも「これはやっていないな」ということがあると思います。

ぜひ最後までご覧ください。

この記事の後半はかなり上級者向けのテクニックを紹介しています。初心者の方はまずは前半部分をしっかり押さえていただければと思います。

【前提】なかなか音が取れない原因は2つ

はじめに「そもそも、なぜなかなか音が取れないのか?」ということについて整理しておきます。

理由は2つに大別されます。

  1. 歌うべき音がイメージできていない
  2. 音は分かっているけど正しく歌えない

原因1.歌うべき音がイメージできていない

1つ目の原因は「歌うべき音がイメージできていない」ということです。

これは本来の意味で「音が取れていない」状態です。

この記事ではこちらの対処法を解説します。

原因2.音は分かっているけど正しく歌えない

2つ目の原因は「音は分かっているけど正しく歌えない」です。

これは「自分の中では音が分かっているけど、実際に歌ってみると音を外してしまう」という状態です。

自分が出すべき音のイメージは掴めているということが「1.歌うべき音がイメージできていない」との違いになります。

  • 高い音が出なくて正しく歌えない
  • 跳躍(音が飛ぶこと)でブレる

といった症状の場合にはこちらが主な原因です。

自分が歌うべき音が分かっているかどうかが2つの違いです。

この記事では「1.歌うべき音がイメージできていない」という場合の対処法を解説していきたいと思います。

悩む人
悩む人
なかなか音が覚えられないな…

という状況を脱しましょう!

「2.音は分かっているけど正しく歌えない」という場合については、音が取れていないというよりは発声の技術的な部分が問題点です。

またの機会に解説したいと思います。

【初級編】音取りのコツ5選|たくさん繰り返そう

音取りのコツ、まずは【初級編】です。5つ紹介します。

  1. とにかく何度も歌って覚える
  2. 音源を聞きこむ
  3. MIDIを活用する
  4. 歌える人と一緒に歌う
  5. 楽譜を少しでも読めるようにする
悩む人
悩む人
ドレミが読めないし、リズムもさっぱり分からないな

という方は参考にしてみてください。

【初級編】1.とにかく何度も歌って覚える

初心者の方がまず行うべきことはとにかく繰り返し練習することです。これが一番早い方法です。

悩む人
悩む人
そんなこと分かってます! もっと裏技的なのを教えてください

と思われるかもしれませんね。

ですが結局のところこれ以上に効果的な方法は無いんですね。

私自身、音取りに関しては色々なテクニックを知っていて活用しています。

ですがなんだかんだ繰り返し練習するのが一番早いですし、効果も高いです。

細かいテクニックを学ぶのは、もう少し経験積んでからで十分です。

合唱に触れる時間を増やすことはとても大事です。

繰り返した練習が、経験として自分の中で積みあがるからです。

一曲をしっかり練習すると、それが別の曲でも役に立ちますよ。

【初級編】2.音源を聞きこむ

練習している曲の音源を聞きこむのも有効です。

混声合唱の場合、メロディーをソプラノパートが歌っていることが多いです。

したがってソプラノの方は音源を聞きこむという方法だけでも十分音が取れるでしょう。

男声合唱ではトップテナーがメロディーを歌うことが比較的多いですね!
合唱の種類
合唱の種類/演奏形態(編成)を覚えよう!|混声・女声・男声|アカペラ・ピアノ付き 「合唱ってなんか色々種類がなかった?」 「混声とか、男声、女声とか聞いたことあるな」 「他にはどんな種類があるん...
悩む人
悩む人
他のパートの人はどうすれば良いの?

他のパートの人でも音源を聞きこむことは音取りに関してよい効果があります。

音源聞きこむことによってコード進行(和音の流れ)が体に馴染むからです。

コード進行が体に馴染んだ状態にしておくと、パート練習でも自分のパートの音が覚えやすくなります。

ある程度音が取れたら音源を聞きながら自分のパートを歌うという方法にも挑戦してみてください。

初心者のうちは演奏音源を聞いてもメロディー以外のパートを聞き取ることは難しいと思います。

ですが他のパートの音を聞きながら歌うことは、合唱の力を向上させるために必ず役立ちます。

そのための訓練だと思って取り組んでみてください。

【初級編】3.MIDIを活用する

音取り用のMIDI(ミディ)音源を利用するのも手です。

MIDIはざっくり言えば音楽を電子データ化したものです。

MIDIがどんなものか、後ほど実物を紹介します!

MIDI音源を使うと、キーボードを使う替わりにPCやスマートフォンで音取りの練習ができます。

イヤホン・ヘッドホンを使えば電車での移動中などに聞くことができます。

スキマ時間を利用して練習時間・回数を増やせば音取りスピードが向上するはずです。

MIDIが作れるソフト

※後で出てくる楽譜とMIDIもMuseScoreで作っています。

私の場合も、苦手な曲はバスや電車の移動中に何回も聞きこんでいました。

【初級編】4.歌える人と一緒に歌う

歌える人と一緒に練習すると早く音が取れます。

これは私の経験から思うことですが、ピアノやMIDIの音よりも人の声を聞いた方が音が取りやすい気がしています。

つきっきりで練習してもらうことは難しいですが、可能であれば歌える誰かといっしょに歌ってもらうと良いと思います。

こちらの記事(【上達法17選】合唱が上手い人の特徴|初心者は知っておきたい)でも書きましたが、合唱団のメンバーと仲良くしておけば練習の面倒も見てもらいやすいですね。

合唱上達法
【上達法17選】合唱が上手い人の特徴|初心者は知っておきたい「合唱上手くなりたい、でも上手くなる方法が分からないな…」ということがありませんか?この記事では初心者のうちに知っておきたい合唱の上達法をまとめています。内容を実践すれば確実にレベルアップできますよ。...
ただし、あまり迷惑にならないようにしましょうね。

【初級編】5.楽譜を少しでも読めるようにする

初心者の方は楽譜が読めない方が多いと思います。

ですが、楽譜が少しでも分かるのとそうでないのでは、音取りのスピードが全く違います。

何となくでも楽譜が読めると、

  • 次の音は上がる、下がる
  • ここは伸ばす、ここはリズムが細かい
  • この音は臨時記号がついているから難しそう

ということが読み取れるようになります。

最初は難しいかもしれませんが、少しずつ楽譜に慣れていけるように勉強してみてください。

次の音が上がるか下がるか分かるだけでもかなり違います!

こちらの記事(【初心者向け】楽譜の読み方講座|ゼロからピアノが弾けるようになろう)で楽譜の読み方を解説しています。合わせてご覧ください。

楽譜の読み方
【初心者向け】楽譜の読み方講座|ゼロからピアノが弾けるようになろう簡単な楽譜でも良いからピアノを弾けるようになりたい、そんな悩みはないでしょうか。この記事では初心者の方がゼロからはじめてピアノを弾けるように詳しく解説しています。ピアノが弾けるようになると今までよりももっと音楽が楽しめるようになるはずです。是非ごらんください。...

【初級編】音取りのコツ実践

ここまで学んだことを実践してみましょう。こちらの楽譜を使います。

練習用に私が作った楽譜です。
音取りのコツ「ルルル」や「ラララ」で歌ってみてください。


まずは全体の音をMIDI音源で聞いてみましょう。

音が出ます。音量注意です!

【初級編】で紹介した5つのコツのうち、

  • 2.音源を聞きこむ
  • 3.MIDIを活用する

の実践になります。

ソプラノの音取り

まずはこの音源からソプラノの音を取ってみましょう。ソプラノの音は一番高いので聞き取りやすいはずです。

ソプラノ以外の人も練習がてら挑戦してみてください。
悩む人
悩む人
全体の音源だとソプラノの音が分からなかった

という方のためにソプラノの音を強調した音源も作りました。ソプラノだけ取り出した楽譜も掲載しておきます。

音取りのコツ_ソプラノ

音が覚えられるまで繰り返し聴いたり歌ったりしてみましょう。

  • 1.とにかく何度も歌って覚える

の実践になります。

うまく取れたでしょうか?

アルトの音取り

次にアルトの音を取ってみましょう。内声になるのでやや難しくなります。

※「内声」という言葉についてはこちらの記事(【楽譜あり】合唱パートの種類・役割・音域|外声・内声も解説)で解説しています。

例によってアルト以外の人も挑戦してみましょう。

アルトの音量を大きくしたMIDI音源を作りましたのでこちらを聞いてみてください。アルトだけの楽譜も再掲しておきます。

音取りのコツ_アルト

悩む人
悩む人
アルトはこんな音を歌っていたんだ!

とそんな発見があると思います。

他のパートの音はうっすらと鳴らしています。

書き込み例

最後に楽譜が少し読めるようになった人向けに、楽譜への書き込み例を紹介します。

  • 5.楽譜を少しでも読めるようにする

の実践例になります。

音取りのコツ_アルト_書き込み

書き込みのポイントとしては、

  • 臨時記号(♭/フラット)に注意
  • 4分休符があるところで伸ばしすぎない

という2点になります。

臨時記号はチェックしておくだけで、

悩む人
悩む人
ここは難しそうだな

ということが分かりますので、例えばパート練習の際にはそこを注意深く聞くことができるようになるはずです。

【中級編】音取りのコツ3選|情報を事前に整理する

ここからは【中級編】です。3つ紹介します。

  1. 全音半音を書き込む
  2. 表拍裏拍をチェックしておく
  3. 同じ音を探しておく
悩む人
悩む人
楽譜はある程度読めるし自分のパートをピアノで弾けるよ!

といったレベル感の方はトライしてみてください。

楽譜が読めないうちは、ひたすら繰り返して体に覚えこませるというアプローチをおすすめしてきました。

【中級編】からは「楽譜から得られる情報を事前に整理しておく」ことで、もう少し効率よく音が取れるようにする工夫をお伝えします。

【初級編】で「もう少し経験を積んでから」とお預けにしたテクニックを解説します。

【中級編】1.全音半音を書き込む

楽譜を見たときに、全音半音を事前に書き込んでおくことで音取りのときに役立ちます。

「次の音は半音上がる、その次は全音下がる」といった感じです。

経験を積むと全音・半音の幅も分かってくるようになります。

【中級編】2.表拍裏拍をチェックしておく

今度はリズムの面でのチェックです。

曲によってはリズムが難しく、パッと見ただけでは分からないときがあります。

そういったときに「ここが表拍、ここが裏拍」とチェックしておくと、音取りがはかどります。

リズムが難しい曲で特に効果を発揮します!

【中級編】3.同じ音を探しておく

他のパートも見渡して、「自分のこの音はあのパートと同じになるな」というふうにチェックしておきます。

こうしておくことで、アンサンブルのときに自分の音が分からなくなっても、チェックしておいた部分から復帰できるようになります。

結果として、音取りが早くなります。

同じ音をチェックしておくとハーモニーも澄んできます!

【中級編】音取りのコツ実践

それではここまで解説してきた3つのコツを実践してみましょう。

楽譜は【初級編】と同じです。書き込み例をご紹介します。

音取りのコツ_書き込み
  • 全音半音を書き込む…オレンジ
  • 表拍裏拍をチェックしておく…水色
  • 同じ音を探しておく…黄緑

を実践してみました。

これを念頭に、テノールとバスのMIDIを聞いてみましょう。

テノールの音取り

音取りのコツ_テナー_書き込み

3小節目のタイで繋がった音が分かりやすくなったのではないかと思います。

バスの音取り

取りのコツ_バス_書き込み

1小節目、半音ずつ上がっていく音に気をつけなければならないことが分かります

【上級編】音取りのコツ3選|初見能力を高める

最後に【上級編】です。これも3つ紹介します。

  1. 音程を覚える
  2. 階名唱(移動ド)活用する
  3. 音楽理論の勉強をする
悩む人
悩む人
絶対音感はないけどある程度初見で歌えるようになりたい

という人向けのアプロ―チ方法です。

より深く楽譜を読み込み、総合して音を予測します。

【上級編】の内容を理解するためにはこちらの本を読むのがおすすめです。

楽譜からなるべく多くのことを読み取れるようになりましょう!

【上級編】1.音程を覚える

音程とピッチはしばしば同じ意味で使われますが、ここではより正確に「音と音との距離」の意味で使っています。

例えば

  • オクターブ(完全8度)
  • 短7度
  • 完全5度
  • 長3度

などですね。

  • 音程を感覚で掴む
  • 楽譜から音程を読み取る

という二つのことができれば、キーボードなどを使わなくてもメロディーを辿ることができるようになります。(最初の基準になる音を確認するときだけは音の出る楽器が必要です。)

すべての箇所を音程で行わなくても、要所要所で使うことで音取りが早くなります。

【上級編】2.階名唱(移動ド)活用する

階名唱(移動ド)は「その調の中での音のキャラクターを掴む」ことで、

  • 初見で歌えるようになる
  • より清潔なピッチ感を掴む

ができる強力なメソッドです。

この記事で詳しく説明することはしませんが、興味があれば調べてみてください。

【上級編】3.音楽理論の勉強をする

音楽理論を勉強することが音取りのスピードアップに役立ちます。

理論を知っていると

  • 和音の流れ
  • 声部の向かう向き

が予想できるようになります。

例えば、

  • ドミナントはトニックに解決する
  • 第7音は下がって解決する

といったことが分かります。

もちろん実際の曲がすべて理論通りになっているかと言えば全くそんなことは無いのですが、そのような場合には「ここは逆に進むんだな」と予測を立てることが可能です。

悩む人
悩む人
そんなマニアックな方法使えるの?

と思われるかもしれませんが、私自身は結構役に立つなと思っています。

特にロマン派の曲を歌う際にはかなり役立つ知識です。

音楽理論がどう役立つかについてはこちらの記事(音楽理論って必要?メリットは?|作曲者・指揮者・演奏者の視点から答えます!)でも解説しています。

音楽理論って必要?
音楽理論って必要?メリットは?|作曲者・指揮者・演奏者の視点から この記事では、 作曲者 指揮者 演奏者 という3つの異なる視点から、音楽理論を学ぶ必要性...

【上級編】音取りのコツ実践

【上級編】のコツを用いた書き込み例を紹介します。

音取りのコツ_階名唱_書き込み

この曲の場合は「移動ド」や「音楽理論」を手掛かりにする方法がかなりしっくりはまります。

まとめ:【苦手を克服】合唱の音取りが早くなるコツ11選

合唱の音取りが早くなるコツを11個紹介しました。

まとめて振り返っておきましょう。

【初級編】では小手先のテクニックよりも繰り返して慣れることが重要とお伝えしました。

音取りのコツ【初級編】
  1. とにかく何度も歌って覚える
  2. 音源を聞きこむ
  3. MIDIを活用する
  4. 歌える人と一緒に歌う
  5. 楽譜を少しでも読めるようにする

中級編では事前に楽譜の情報を整理することで効率よく音を取る方法をお伝えしました。

音取りのコツ【中級編】
  1. 全音半音を書き込む
  2. 表拍裏拍をチェックしておく
  3. 同じ音を探しておく

【上級編】では音程、階名唱、音楽理論などの知識を総動員して音を取る方法をお伝えしました。

音取りのコツ【上級編】
  1. 音程を覚える
  2. 階名唱(移動ド)活用する
  3. 音楽理論の勉強をする

これらの方法に慣れていくと、絶対音感無しでも相当早く音が取れるようになります。

ただし、後半の内容は非常にマニアックですので、初心者の方はまずは【初級編】の内容をしっかり押さえていただけたらと思います。

音が早く取れると早く歌えるようになって合唱の楽しさが増すはずです。(あと指揮者的にも助かります。)

今回はここまでです。お読みいただきありがとうございました!

ABOUT ME
えすた
合唱歴10年以上のアマチュア合唱指揮者です。 合唱団運営などもやっております。