合唱の基礎知識

【まとめ】合唱パートの種類を編成別に解説|合唱の基礎知識を学ぼう

パートの役割
男の子
男の子
合唱のパートって何があったけ?音域や役割とかも合わせて教えてください。

合唱のパートの名前ってなかなか覚えられませんよね。

そんな方に向けて、この記事では合唱歴10年以上の筆者が分かりやすく解説します。

合唱のパートについて知ると次のようなことが分かるようになります。

  • 「今歌っているのがソプラノかな?」
  • 「自分はどのパートを歌うのかな?」
えすた@指揮者
えすた@指揮者
一緒に学んでいきましょう!
「そもそも混声合唱って何?」という方はこちらの記事(合唱の種類/演奏形態(編成)を覚えよう!|混声・女声・男声|アカペラ・ピアノ付き)をご覧ください。

混声合唱のパートの種類…ソプラノ・アルト・テノール・バス

それでは早速、合唱のパートの種類について解説していきたいと思います。

合唱は全員が同じ音を歌うのではなく、何人かずつのグループ=パートに分かれて歌うのでした。こちらの記事も合わせてご参照いただければと思います。

パートが違うことによって何が変わるのかというと、歌う音の高さの範囲=音域が変わります。

混声合唱の場合では次の4種類のパートがあります。

ソプラノ女声の高い方のパート、略称S
アルト女声の低い方のパート、略称A
テナー(テノール)男声の高い方のパート、略称T
ベース(バス)男声の低い方のパート、略称B

この中で一番高い音を歌うのがソプラノ。そこからアルト、テナー、ベースの順番に低くなります。

パート全体を指すときには、略称を使ってSATB(エス・アー・テー・ベー)と呼ぶことがあります。

この読み方はドイツ語。なんだかかっこ良いですよね。

テナーのことをテノール、ベースのことをバスと呼ぶこともあります。パートの名前については頑張って覚えましょう!

復習です。

合唱の種類/演奏形態を声で分類した場合には、以下の3種類がありました。

  • 女声合唱
  • 男声合唱
  • 混声合唱

ここではまず混声合唱の場合について説明しましたが、女声合唱や男声合唱についてはこの記事の後半で登場しますので、是非最後までご覧ください。

合唱パートの役割と音域

さきほどは混声合唱における4つのパートの名前に触れました。

次はそれぞれのパートの音域や、一般的な役割について紹介します。

こちらの記事ではより詳しく深掘りしていますので合わせてご覧ください。

ソプラノ…女声の高い方のパート

まずは混声合唱の中でも一番高い音域を担当するパート、ソプラノを詳しく見ていきましょう。

ソプラノの役割

メロディーを担当することが多く、一番目立つパートと言っても良いでしょう。

また、ソプラノ以外のパートが』メロディーを担当しているとき、それより高い音域で装飾的なメロディーを歌うこともあります。こういったメロディーのことをオブリガートと言います。

えすた@指揮者
えすた@指揮者
目立つので「合唱の顔」と呼ばれることもあります。

ソプラノの音域…低いド~高いラ

ソプラノの音域ソプラノの音域

ソプラノの音域を示しました。「楽譜が読めないよ!」という方は読み飛ばしていただいても構いません。

ソプラノの音域はほとんどの曲でこの範囲(低いド~高いラ)に収まります。

難しい曲ではこのくらい高い音が要求されますが、簡単な曲ではもっと音域は狭くなるのでご安心ください。

例えば、中学校で歌う混声三部合唱では、最高音が高いミくらいのことが多いです。

えすた@指揮者
えすた@指揮者
ですので、「こんな高い音歌えないよ!」とい方も大丈夫です。

div.(ディビジ/分かれて歌う)について覚えているでしょうか?

この記号があると1つのパートを2つに分けて歌うのでした。

「知らないよ!」という場合はこちらの記事も合わせてご覧ください。

ソプラノのパートにdiv.がついていた場合、分かれたそれぞれのパートはどのように呼べばよいでしょうか。

合唱団によって異なるかもしれませんが、次のような場合が多いです。

  • 高い方…ハイ
  • 低い方…ロー

他にはソプラノⅠ、ソプラノⅡと呼ぶこともあるかもしれません。

アルト…女声の低い方のパート

次に混声合唱の中では二番目に高い音域を担当するパート、アルトを詳しく見ていきます。

アルトの役割

アルトの役割といえば、なんと行ってもハモりです。

ソプラノのメロディーに寄り添ったり、和音の決め手となる重要な音を担当したりと、合唱のハーモニーを作る際には欠かせないパートとなっています。

えすた@指揮者
えすた@指揮者
アルトがいないと寂しいハーモニーになりがちです。

アルトの音域…低いラ~高いミ

アルトの音域アルトの音域

アルトの音域を示しました。だいたいの曲でアルトの音域はこれくらいの範囲(低いラ~高いミ)に収まるのではないかと思います。

えすた@指揮者
えすた@指揮者
簡単な曲ではここまで低い音が出てくることは少ないです。

アルトパートにdiv.が出てきたときの場合を解説します。

次のような呼び方をすることが多いと思います。

  • 高い方…ハイ
  • 低い方…ロー

ソプラノと同じく、アルトⅠ、アルトⅡと呼んだりもすると思います。

テナー(テノール)…男声の高い方のパート

続いてはテナーです。テノールと呼ぶことも多いです。

テナー(テノール)の役割

混声合唱におけるテノールは、ときにハモリ、ときにメロディーと、多彩な役割とこなします。

つまり、アルトのようにハーモニーの要素を担当したり、ソプラノのように目立つメロディーを担当することもあるということです。

内声でありながら高声でもあるからですね。内声・高声については後で出てきます。

えすた@指揮者
えすた@指揮者
男声合唱のテナーとは結構役割が違います。

テナー(テノール)の音域…低いド~高いラ

テナーの音域テナーの音域

テノールの音域を示しました。ぱっと見はソプラノと同じようですが、1オクターブ低くなっています。

男声の音域は、おおむね女声の1オクターブ下と考えておけば良いでしょう。

例によって、一番難しいレベルの曲における音域を示しました。この図の最高音(高いラ=hiA)はかなりのハイトーンです。

えすた@指揮者
えすた@指揮者
ト音記号の下についている8の字がポイントです。(ついてないこともあります。新しい楽譜だと大体ついています。)

テナーパートにdiv.が出てきたときの場合を解説します。

次のような呼び方になります。

  • 高い方…トップ
  • 低い方…セカンド

ソプラノ・アルトと違い、このように言い表すことが多いです。

これは後述する男声合唱での呼び方を踏襲しているからだと思います。

ベース(バス)…男声の低い方のパート

ラストはベース、またはバスパートです。

男声の低い方、合唱全体でも一番低い音域を担当します。

ベース(バス)の役割

ベースの役割は、その名の通り合唱全体の土台(ベース)となることです。

ハーモニーを支える、縁の下の力持ち的な役割を持っています。

すこし難しい言葉ですが、和音の中の根音(和音の基礎の音)を歌うことも多いです。

えすた@指揮者
えすた@指揮者
ベースが入ると、合唱のハーモニー全体に安定感や重厚感が出てきます。

ベース(バス)の音域…低いレ~高いミ

ベースの音域ベースの音域

ベースの音域を示しました。かなり低い音まで担当します。

ただし、今回の場合も最大でこれくらいかなといった範囲を示しています。

国内の一般的な作品だと下限は低いファくらいまで、もう少し易しい作品であれば低いラくらいまでのこともあります。

えすた@指揮者
えすた@指揮者
こうやって書くとベースの音域って広いですね。海外の作品(特に北欧)だと、低いレ~ミの音域もよく出てきます。

ベースパートにdiv.が出てきたときの場合を解説します。

次のような呼び方になります。

  • 高い方…バリトン
  • 低い方…ローベース

テナーのときと同じく、男声合唱での呼び方を踏襲してこのように呼ぶことが多いと思います。

混声四部合唱の場合の楽譜を見てみよう

さて、文章だけだと少しイメージが掴みづらかったかもしれませんので、実際に混声四部合唱の楽譜を見てみましょう。

ここまでのことを思い出しながら見てみてください。

混声四部合唱の例混声四部合唱の例(練習でよく歌うカデンツに手を加えたもの。)

アルファベットで書かれていますが、上から

  • ソプラノ
  • アルト
  • テナー(テノール)
  • ベース(バス)

となっているが分かると思います。

えすた@指揮者
えすた@指揮者
ここでは楽譜が読めなくても構いません。「こんな感じなんだ~」と見てもらえればと思います。
アルトのディビジアルトのディビジ

もう一か所注目してほしいのがアルトにあるdiv.です。これまで何度か説明に登場していましたが、楽譜に現れるとこんな感じになります。

div.と書かれているところでは音符が2つ重ねて書かれていることが分かると思います。ここでは「アルトパートがハイとローに別れて、2つの音を歌わなければならない」ということですね。

その後に書かれているunis.はユニゾンの意味。これまで別れていたパートに対し、「合流して1つの音を歌って」という指示書きになります。

えすた@指揮者
えすた@指揮者
div.unis.の記号は省略されることが多いです。

以前の記事(【はじめてのあなたに】合唱とは?|重唱・斉唱(ユニゾン)との違い)では、「ユニゾンは斉唱のこと(全員が同じ音を歌う)」だと解説しました。

今回の場合はそれとは少々文脈が異なり、「パート単位で同じ音を歌う」という意味合いで使っています。

つまり、合唱全体では4つのパートに別れているけれど、アルトというパートに限れば全員が同じ音を歌っているということです。

このように、部分的に同じ音を歌っている箇所を指して「ここはユニゾンです」と言い表すこともあります。

女声合唱・男声合唱のパート

ここまでは混声合唱の場合のパートの呼び方を解説してきました。

ここからは女声合唱・男声合唱ではどうなるかに移りたいと思います。

女声合唱・男声合唱の復習をしたい方はこちらの記事(合唱の種類/演奏形態を覚えよう!|混声・女声・男声合唱|アカペラ・ピアノ付き)からどうぞ。

女声合唱の場合

まずは女声合唱ですが、女声合唱は三部合唱のときと四部合唱のときで呼び方が少々変わります。

3つのパートに分かれる三部合唱の場合は次のようになります。

  • ソプラノ
  • メゾソプラノ
  • アルト

混声合唱のソプラノ・アルトの間にメゾソプラノというパートができます。

メゾソプラノを指して、メゾと略称で呼ぶこともあります。

えすた@指揮者
えすた@指揮者
メゾ(mezzo)は、中間という意味のイタリア語です。

女声合唱の中でも四部合唱、つまり4つのパートに分かれる場合は、

  • ソプラノⅠ
  • ソプラノⅡ
  • アルトⅠ
  • アルトⅡ

となることが多いと思います。

えすた@指揮者
えすた@指揮者
難しめの曲で多い編成です。

男声合唱の場合

続いては男声合唱です。

男声合唱はほとんどの場合四部合唱で、パートは次のような呼び方になります。

  • トップテナー(トップ)
  • セカンドテナー(セカンド)
  • バリトン(バリ)
  • ローベース(ローベ)
えすた@指揮者
えすた@指揮者
()内の略称で呼ぶことも多いです。

混声三部合唱の場合

最後に、中学校などのレパートリーに多い混声三部合唱のパートを紹介しておきます。

  • ソプラノ
  • アルト
  • 男声
えすた@指揮者
えすた@指揮者
男声が1パートだけになります。

【発展】高声・低声・外声・内声とは?

ここからはより実践的な用語を解説したいと思います。

2つ以上のパートをまとめて呼ぶ時に使う言葉です。

実際の練習でもよく使う言葉ですので、慣れておくと役立ちますよ。

えすた@指揮者
えすた@指揮者
混声合唱の場合を取り上げます。

女声と男声

まずは女声と男声というまとめ方です。これは分かりやすいですね。

  • 女声…ソプラノ・アルト
  • 男声…テナー・ベース
えすた@指揮者
えすた@指揮者
混声合唱ならではのまとめかたです。

高声と低声

次に高声と低声というまとめ方です。

女声・男声それぞれの高い方・低い方という分け方になります。

  • 高声(こうせい)…ソプラノ・テナー
  • 低声(ていせい)…アルト・ベース
えすた@指揮者
えすた@指揮者
実際の曲を練習する際、高声と低声はタテ(歌うタイミング)が揃っていることも多く、そのためよく使う言葉です。

外声と内声

4つパートがある中で、音域の端となるパート(外)と音域の中間となるパート(内)でまとめる方法です。

  • 外声(がいせい)…ソプラノ・ベース
  • 内声(ないせい)…アルト・テナー
えすた@指揮者
えすた@指揮者
主に外声はメロディー(主旋律とベースライン)、内声はハーモニーを担当することが多くなります。

まとめ:合唱パートの種類と役割

合唱におけるパートの解説をしてきました。

押さえておいて欲しいことをまとめます。

合唱パートの種類と役割
  • ソプラノ…女声の高い方のパート
  • アルト…女声の低い方のパート
  • テナー(テノール)…男声の高い方のパート
  • ベース(バス)…男声の低い方のパート

パートの名前について押さえた上で以下の関連記事を読むと理解が深まると思います。

ABOUT ME
えすた
合唱歴10年以上のアマチュア合唱指揮者です。 合唱団運営などもやっております。