音取り・譜読み

【楽譜の読み方】シャープ・フラット・ナチュラルの意味|詳しく図解

シャープ・フラット
女の子
女の子
シャープ・フラットってどうやって演奏したらいいんだろう。いろいろ分からないことがあるな。
えすた@指揮者
えすた@指揮者
いろいろ難しいですよね。詳しく解説します!

楽譜を見ていると♯(シャープ)や♭(フラット)の記号をよく見かけます。

ト音記号やヘ音記号の近くにたくさんついているのも見たことがあるかもしれません。

今回の記事ではこれらの記号に関して詳しく解説します。図解をたくさん用いて分かりやすく説明するのでぜひご覧ください。

  • ダブルシャープ・ダブルフラット・ナチュラル
  • 変化記号の有効範囲
  • 調号(シャープが4つ、フラットが5つの場合など)

も合わせて解説するのでお楽しみに。

これらの記号の理解が深まると楽譜を見るのが楽しくなってくると思います。

ではいってみましょう!

調・調性について知りたい方はこちらの記事(【基礎から理解】音楽の調の完全解説|分かりやすい見分け方・覚え方)をご覧ください。

調の完全解説
【基礎から理解】音楽の調の完全解説|分かりやすい見分け方・覚え方「音楽の調ってよく分からないな…」と言う方に向けて分かりやすい解説記事を作成しました。そもそも調とは何なのか、どう見分けたらよいのかについて、具体例を用いて詳しく解説しています。音楽初心者の方、作曲を行いたい方の役に立つと思います。是非ご覧ください。...

シャープ・フラットの意味と読み方

まずはシャープ・フラットなどの基本的な意味と読み方(=どう演奏すれば良いか)を確認しておきましょう。

次の5つを解説します。

  1. シャープ
  2. フラット
  3. ダブルシャープ
  4. ダブルフラット
  5. ナチュラル

これらの記号をまとめて変化記号と呼びます。音を変化させる記号ということですね。

女の子
女の子
臨時記号って言うんじゃないんですか?
えすた@指揮者
えすた@指揮者
変化記号の中でも、一時的に使われるものが臨時記号と呼ばれます。

変化記号(シャープやフラットなど)は次の2種類に分けられます。

  • 臨時記号…一時的につけられる
  • 調号…音部記号(ト音記号など)にまとめてつけられる

この記事でも何度か登場するので頭の片隅に置いておいてください。

1.シャープ…半音上げて

シャープの解説図解の♯(シャープ)が#(ナンバー)になってしまってます。すみません。

まずはシャープです。音を半音上げてという意味になります。

今回の例だと元の音が「ファ」。そこから半音上がって「♯ファ」になります。

ピアノでは右上の黒鍵(黒い鍵盤)を弾きます。

2.フラット…半音下げて

フラットの解説

次はフラットです。シャープとは逆に音を半音下げてという意味です。

今回の例では元の音が「シ」。そこから半音下がって「♭シ」となります。

ピアノでは左上の黒鍵を弾くことになります。

3.ダブルシャープ…半音2回分上げて

ダブルシャープの解説フォントを用意できなかったので☆で表しました。

ダブルシャープはシャープ2つ分、つまり半音2回分(=全音)上げてという意味になります。

今回の例だと、元の音は「ファ」。これにダブルシャープがつくととなりの「☆ファ」の音になります。(今回フォントが用意できなかったので☆で表しました。)

半音2回分上がるので実際にピアノで弾くときは「ソ」の音を弾くことになります。

4.ダブルフラット…半音2回分下げて

ダブルフラットの解説

ダブルシャープの逆で、半音2回分(=全音)下げてという意味の記号です。

今回の例だと、元の音は「シ」。これにダブルフラットがつくことでとなりの「☆シ」の音になります。

実際にピアノで弾くときは「ラ」の音になりますね。

5.ナチュラル…元の高さで

ナチュラルの解説

ナチュラルは変化記号(シャープやフラット)を打ち消し、元の高さにするという意味になります。

この例ではナチュラルがつく前の音は「♯ファ」なので、ナチュラルがつくと「ファ」の音に戻ります。もともと半音上がっていたので、反対に半音下がることになります。

ナチュラルの解説

もう一つ例を出します。

ナチュラルがつく前の音は「シのダブルフラット」です。これにナチュラルがつくと元の「シ」の音に戻ります。

もともと全音下がっていたので、ナチュラルがつくことで全音上がることになります。

えすた@指揮者
えすた@指揮者
ナチュラルがつくときは音が上がるときも下がるときもあります。

シャープ・フラット=黒鍵とは限らないので注意

男の子
男の子
シャープやフラットが出てきたら黒い鍵盤を弾けば良いってことですか?
えすた@指揮者
えすた@指揮者
必ずしもそうなるとは限りません。

シャープやフラットが出てきたとき、必ず黒鍵(黒い鍵盤)を弾くことになると思うかもしれませんが、そうではありません。例外もあります。

ミのシャープ・ドのフラット解説
  • 「ミ」にシャープがついたとき…「ファ」
  • 「ド」にフラットがついたとき…「シ」

となるので、白鍵(=白い鍵盤)を弾くことになります。

他の場合として、

  • 「シ」にシャープがついたとき…「ド」
  • 「ファ」にフラットがついたとき…「ミ」

となります。

シャープ・フラットの有効範囲【いつまで続く?】

女の子
女の子
一度ついたシャープ・フラットはいつまで有効なんですか?
えすた@指揮者
えすた@指揮者
「臨時記号」の場合と「調号」の場合に分けて解説します。

変化記号の有効範囲、つまり記号の効果がいつまで続くのかということを確認しておきましょう。

楽譜を正確に読むためにはとても大切です。

臨時記号の場合…その小節の中だけ続く

臨時記号の場合は記号が登場した小節の間だけ有効となります。次の小節になったら効果が切れるということです。

臨時記号の有効範囲シャープ

この例では1回目の「ファ」の音にシャープがついています。なのでこれは半音上がって「♯ファ」ですね。

次に登場する「ファ」の音には何もついていませんが、小節内なのでシャープは有効です。なのでここも「♯ファ」となります。

3回目の「ファ」では小節が変わっているのでこれは「♮ファ」となります。

4回目は特に何も書かれていないのでそのまま「ファ」となります。

えすた@指揮者
えすた@指揮者
小節が切り替わった後もシャープをつけたい場合には再びつけ直す必要があります。

もう一つ例を見てみましょう。今度はフラットです。

臨時記号の有効範囲フラット

1つ目の「シ」にフラットがついています。なのでこれは「♭シ」ですね。

2つ目の「シ」は♭の効果が継続するのでこれも「♭シ」です。

次の小節に入るとその前についていたフラットが無効になるので5つ目は「♮シ」となります。

調号の場合…小節が変わっても効果が続く

一方で、次は調号としてついているシャープ・フラットの場合です。

調号というのはト音記号の近くにまとめてつけられているシャープ・フラットのことです。

ニ長調/ロ短調
シャープ2
変ホ長調/ハ短調
フラット3

調号で示されたシャープ・フラットは曲が終わるまで有効です。

調号の場合シャープ

この場合、調号によって「ファ」「ド」にシャープがついています。

なのでこれ以降に登場する「ファ」と「ド」はすべて「♯ファ」「♯ド」となります。

調号がついているのは高い「ファ」「ド」ですが、低い「ファ」「ド」に対しても有効なので注意しましょう。

同様にフラットの場合も見てみましょう。

調号の場合フラット

フラットがついている音は「シ」「ミ」「ラ」ですね。

シャープのときと同じく、低い「ミ」に対しても♭が有効なので注意しましょう。

えすた@指揮者
えすた@指揮者
途中で転調が無い限り、記号の効果が継続します。

臨時記号はオクターブ違うと無効になる

女の子
女の子
調号はオクターブ違っても有効なんだ。臨時記号のときはどうなるんですか?
えすた@指揮者
えすた@指揮者
臨時記号はついている音に関してのみ有効です。

先ほどの例で少し触れましたが、調号の場合はオクターブ違っていてもつけたシャープ・フラットは有効です。

調号はオクターブでも有効調号はオクターブ違いでも有効

一方で臨時記号の場合はオクターブ違うと無効になります。

臨時記号はオクターブ無効臨時記号はオクターブ違うと無効

実際にはこれだと分かりにくいので、()つきでナチュラルを書くことが多いです。

臨時記号はオクターブ無効(補足)

【調号】シャープ・フラットのつく位置と順番

調号に関してもう少し深堀りしておきましょう。

調の完全解説
【基礎から理解】音楽の調の完全解説|分かりやすい見分け方・覚え方「音楽の調ってよく分からないな…」と言う方に向けて分かりやすい解説記事を作成しました。そもそも調とは何なのか、どう見分けたらよいのかについて、具体例を用いて詳しく解説しています。音楽初心者の方、作曲を行いたい方の役に立つと思います。是非ご覧ください。...

シャープ・フラットのつく位置と順番は決まっている

調号を使う場合、最大で7つまでシャープやフラットがつくことがあります。

シャープ7つ
シャープ7
フラット7つ
フラット7

このシャープ・フラットは一見でたらめについているようですが、実は

  • どの音につくか
  • どういう順番でつくか

は決まっています。

  • シャープの場合…ファソソレラミシ
  • フラットの場合…シミラレソドファ

の順番になります。

シャープ、フラットはつく順番が逆になっていることにも注目です。

えすた@指揮者
えすた@指揮者
シャープ・フラットのつく順番を覚えておくと調性(ハ長調、ト短調など)を判定するのに役立ちます。

シャープ系の調一覧

シャープがついた場合、何調になるのかをまとめておきます。

シャープのつく位置、順番についても確認してみてください。

  • ファドソレラミシ

の順番でシャープがついているはずです。

♯の数調号長調/短調
0なしハ長調/イ短調
1シャープ1ト長調/ホ短調
2シャープ2ニ長調/ロ短調
3シャープ3イ長調/嬰ヘ短調
4シャープ4ホ長調/嬰ハ短調
5シャープ6ロ長調/嬰ト短調
6シャープ6嬰ヘ長調/嬰ホ短調
7シャープ7嬰ハ長調/嬰イ短調

フラット系の調一覧

同様にフラットの場合も確認しておきましょう。

  • シミラレソドファ

の位置と順番でつきます。

♭の数調号長調/短調
0なしハ長調/イ短調
1フラット1ヘ長調/ニ短調
2フラット2変ロ長調/ト短調
3フラット3変ホ長調/ハ短調
4フラット4変イ長調/ヘ短調
5フラット5変ニ長調/変ロ短調
6フラット6変ト長調/変ホ短調
7フラット7変ハ長調/変イ短調

シャープ・フラットの使い分け

男の子
男の子
作曲をしていたらシャープを使うかフラットを使うか迷うことがあります。どうすれば良いですか?
えすた@指揮者
えすた@指揮者
結構難しい問題ですが、ざっくりとした目安をお教えします。

たとえば、「♯ド」と「♭レ」などは同じ音ですよね。こういう音を異名同音(エンハーモニック)と言います。

これらを厳密に使い分けようとすると結構難しいので、ざっくりとした目安を5つ紹介します。

  1. メロディーの方向性で決める
  2. 和音の構成で決める
  3. 調の中の役割で決める
  4. シャープ・フラットのつきやすさで決める
  5. 読みやすさで決める

こちらの記事(【5つの基準】シャープ・フラットの使い分け・考え方|結論は経験を積むこと)で詳しく解説しています。

シャープ・フラットの使い分け
【5つの基準】シャープ・フラットの使い分け・考え方|結論は経験を積むことシャープ・フラットの使い分けで悩んだことはありませんか。この記事ではシャープ・フラットの使い分け基準を5つ解説しています。それぞれ具体例と譜例を用いてかなり深掘りしています。音楽理論のとっかかりにもなるかと思いますので是非ご覧ください。...

まとめ:【楽譜の読み方】シャープ・フラットの意味

最後に今回の内容をまとめておきたいと思います。

まずは基本的な意味を押さえましょう。

シャープ・フラットの意味
  • シャープ…半音上げて
  • フラット…半音下げて
  • ダブルシャープ…半音2回分上げて
  • ダブルフラット…半音2回分下げて
  • ナチュラル…元の高さで

さらに、記号の有効範囲も気をつけなければなりませんでした。

有効範囲
  • 臨時記号…小節内だけ有効、オクターブ違いは無効
  • 調号…小節が変わっても有効、オクターブ違っても有効

調号でシャープ・フラットがつく順番は、後々大事になってくるので覚えておくと吉です。

つく位置と順番
  • シャープ…ファドソレラミシ
  • フラット…シミラレソドファ

楽譜を書くとき、シャープ・フラットをどう使い分けるかは難しいです。次のことを目安にしてください。

使い分け
  • 上昇音型・♯系の調…シャープ
  • 下降音型・♭系の調…フラット

シャープ・フラットをマスターして楽譜がスラスラ読めるようになりましょう!

ABOUT ME
えすた
合唱歴10年以上のアマチュア合唱指揮者です。 合唱団運営などもやっております。