橋本祥路

【全解説】合唱曲『時の旅人』のすべて!|作曲者・曲想・難易度など

時の旅人解説
男の子
男の子
『時の旅人』ってどんな曲なんだろう…。いろいろ知りたい。まとめてもらえませんか?

こんな声に答えます。

コンクールで歌う曲に迷っていて、「『時の旅人』はどうかなあ」と考えている方も多いと思います。

『時の旅人』は中学生向けのレパートリーとしては難しい曲ですが、その分やりがいもあります。しっかり歌いこなせばコンクールでの入賞も狙える作品です。

「どうやって練習したらよいの?」という方に向けて練習・演奏のポイントに関しても書いていますので、ぜひご覧ください。

えすた@指揮者
えすた@指揮者
「選曲で迷っている」という方の参考になれば幸いです。

合唱曲『時の旅人』の概要

まずはじめに『時の旅人』という曲の概要をご紹介します。

クラス合唱のレパートリーとしては不朽の名作ともいえる作品となっています。

『時の旅人』の概要
  • 作詩者:深田じゅんこ
  • 作曲者:橋本祥路
  • 演奏時間:約4分
  • 編成:ピアノ付き混声3部(div.あり)
  • 言語:日本語
  • 難易度(クラス合唱):やや難しい

作詩者・作曲者について

『時の旅人』の作詩者は深田じゅん子さん、作曲者は橋本祥路さんです。

橋本祥路さんは中学生向けの混声3部合唱をたくさん書かれている方。

他に『明日という大空』『夢の世界を』『カリブ 夢の旅』などがあり、どれも人気の作品です。

編成(合唱形態)

『時の旅人』の編成(合唱形態)はピアノ付きの混声3部合唱となっています。

中学生向けのレパートリーとしては非常にオーソドックスなものです。

ただし、アルトパートに一部div.(ディヴィジ/1つのパートが分かれて歌う)部分があります。

難易度(合唱パート・ピアノパート)

『時の旅人』はクラス合唱・校内合唱コンクールのレパートリーとしては比較的難易度の高い作品です。

その理由としては転調の回数が多いこと、転調するたびにテンポなどの曲想が変化していくことなどが挙げられます。

演奏時間的にもやや長くなっており、曲想の変化を意味のあるものとして全体を構成する必要もあります。

また一部div.(ディビジ/一つのパートが分かれて歌う)があります。

ピアノパートに関しては、オーソドックスな書法なため、難易度が非常に高いわけではありません。

ただし、rit.accel.など、テンポを変化させる記号がありますので、指揮者や合唱パートとしっかり息を合わせる必要があるでしょう。

『時の旅人』の曲想

『時の旅人』は転調の回数が多い曲。転調するたびに新しい場面が鮮やかに描かれます。

  • 伸びやかにメロディーを歌う場面
  • ストイックに歌詩を語るような場面
  • 明るく光が差してくるような場面
  • 堂々と力強く歌い上げる場面
  • 夢の中の世界のような場面

演奏する際にはこれらの場面の変化を明確に表現することが必要となります。

転調に関してはこちらの記事(『時の旅人』の調・転調・コード進行を考察【曲をより深く理解する】)にて詳しく解説しています。

『時の旅人』練習・演奏のポイント

『時の旅人』は難しい曲ですが、基本を押さえて練習すれば良い演奏ができるようになります。

パート練習のポイント

まずはパート練習をしっかりと行いましょう。パートごとに分けて解説しています。

「パート練習のやり方が分からないな…」という方はこちらの記事(【5ステップ】質の高いパート練習の進め方|PL経験者のノウハウ公開)もご覧ください。

全体練習(アンサンブル)のポイント

パート練習ができたら次は全体練習を行いましょう。

こちらの記事(【ワンランク上へ】合唱曲『時の旅人』歌い方のコツ!|経験豊富な指揮者が解説)をご活用ください。

この記事を読みつつ、できていない部分はまたパート練習に立ち返って復習しましょう。

『時の旅人』徹底解説
【ワンランク上へ】合唱曲『時の旅人』歌い方のコツ!|経験豊富な指揮者が解説『時の旅人』をうまく歌いたい!という方に向けて、合唱歴10年以上、合唱指揮者歴5年以上の筆者がどこよりも詳しく解説します。この記事を読みながら練習に取り組めば、確実にワンランク上の演奏を目指すことができるはずです。ぜひご覧ください。...

指揮のポイント

曲の難易度がある程度高いので、指揮者の重要度も高くなっています。

こちらの記事(『時の旅人』指揮の基本・振り方のコツ【合唱歴5年以上の指揮者が解説】)をご覧ください。

時の旅人指揮のコツ
『時の旅人』指揮の基本・振り方のコツ【合唱歴5年以上の指揮者が解説】 こんな疑問に答えます。 この記事では合唱歴10年以上、合唱指揮者歴5年以上の筆者が『時の旅人』(深田じゅんこ 作詩・橋本祥...

伴奏(ピアノパートのポイント)

『時の旅人』の伴奏をするときにはテンポ変化に関してよく確認しておきましょう。

詳しくは後日別記事にて解説します!

まとめ:『時の旅人』ポイントを押さえて練習すれば良い演奏ができる!

『時の旅人』は難しい曲ですが、ポイントを押さえて練習することで良い演奏ができますし、コンクールでも結果が出しやすい曲です。

えすた@指揮者
えすた@指揮者
がんばりましょう!
合唱コンクールで勝てる曲
【厳選11曲】合唱コンクールで勝てる曲|隣のクラスに教えたくない こんな疑問に答えます。 合唱コンクール、せっかく参加するのだから良い結果を出したいですよね。 この記事の内容は以下の...