歌い方・発声

【超基本】声の出し方・発声のコツ|上達に繋がるポイント8選【合唱人向け】

声の出し方・発声の基本
  • 「合唱の声の出し方の基本を知りたい」
  • 「気をつけることのポイントは?」
  • 「どういう練習をやったらいいの?」

こんな方に悩みにお答えします。

こんにちは。えすたです。合唱指揮者をしています。

合唱は声でつくる音楽。声はとても大切です。

ですが、あまり合唱になじみが無かった人にとって、

「どうやって声を出せばいいの?」

という点が分からないと思います。

発声に関してはまずは基本をきっちりと押さえることが重要です。

基本的なことを知っておかないと、

  • なかなか上達しない
  • 変なクセがついてしまう
  • 喉を傷めてしまう

など、良くないことがたくさんあります。

この記事では「ここだけは知っておいて欲しい」という声の出し方のポイントをまとめました。

これらを意識して続けることで、

「なんとなくコツが掴めてきたかも?」

といった効果が出てくると思います。

【超基本】声の出し方・発声のポイント8選

初心者の方がまず気をつけたい重要なポイントは次の8つです。

  1. 脱力(リラックス)する
  2. 良い姿勢で立つ・座る
  3. 深いブレスを取る
  4. 口の開け方に注意する
  5. 自然な歌声を目指す
  6. 明るい表情で歌う
  7. 周囲の声を良く聴く
  8. 音(ピッチ)は高めをイメージする

次から詳しく解説していきます。

声の出し方とは直接関係ない項目もありますが、初心者のうちから習慣にしておいて欲しいなと思って挙げています。

発声のポイント1.脱力(リラックス)する

発声の中でも特に大切なのが「脱力(だつりょく)」、体の力を抜くことです。良い発声を身につけるためには力みは禁物なんです。

体に余分な力が入っていると、

  • 正しい音で歌えない
  • 周りの声と馴染まない
  • 声が響かない
  • 言葉が伝わらない
  • 喉を傷める

などなど、たくさんの弊害がでてきてしまいます。

それだけ大切なことなので、声を出すときには常に忘れないようにしましょう。

声をだすことに慣れていないと、気が付かないうちに

  • アゴ
  • 舌の付け根
  • 肩回り

などに特に力が入ってしまうことがあります。

これらの部位は特に要注意です。

「力が入っているな」と自分で気が付いたら、

  • 肩を回す
  • 首を回す
  • リップロール
  • タングロール

などの方法で凝りをほぐしたり、ストレッチしたりしましょう。

「リップロール・タングトリルって何?」

という方はこちらの記事(【譜面あり】リップロールとは? やり方・コツを解説|脱力に効果抜群)をご覧ください。

「脱力」を常に意識しよう!

発声のポイント2.良い姿勢で立つ・座る

歌うときには姿勢も大切です。

とはいうものの、特別変わった姿勢を取らなければいけないというものではありません。

気をつけるべきことは、

  1. 猫背にならない
  2. 反り腰にならない

ということの2点です。自然な姿勢になるように意識しましょう。

ある程度長時間練習をしていると、ついつい姿勢が崩れて来てしまいます。

自分で気づいて都度修正することで良い姿勢が身についてくると思います。

ときどき自分の姿勢をチェックしましょう!
  • 「なかなか良い姿勢がキープできないな」
  • 「すぐに猫背(反り腰)になってしまう」

という方もいらっしゃるかと思います。

そういった場合、お腹・背中の筋力が不足しているのかもしれません。これらは姿勢を支える筋肉です。

先ほど紹介したこちらの記事(【合唱で役立つ】発声練習前の体操・筋トレメニュー【動画あり】)で紹介している筋トレメニューを取り入れてみると良いかもしれません。

自然な良い姿勢をキープしましょう!

発声のポイント3.深いブレスを取る

声の元となるものが「ブレス(息)」です。

合唱では腹式呼吸が大切です。

これまた奥の深いトピックですので、初心者のうちは次の2点だけ気をつけると良いと思います。

  1. 息を吸った時に肩が上がらないようにする
  2. 吸ったり吐いたりしたときにお腹(横隔膜)がはたらいているのを感じる

※息を鼻から吸うことにはこだわらなくても大丈夫です。

息を吸うことに気を取られて体(喉や肩)に力が入らないように気をつけましょう。

発声のポイント4.口の開け方に注意する

口の開け方というのも発声では重要です。

よく「口を大きく開けて!」と言いますが、開けすぎは良くありません。

顎や喉の不自然な力みに繋がるからです。

  • 口は自然に開ける(無理に開けない)
  • 唇やアゴは脱力

がポイントです。

合唱団によっては早いうちから

「軟口蓋(喉の奥のほう)を開けて、上げて」

と教わるかもしれません。

大人っぽい音色や深い響きを作りたいときに必要なことです。

確かにそれも大切なことではありますが、まずは「口周りの脱力」を優先して頂けたらと思います。

「脱力」を何より優先しよう!

発声のポイント5.自然な歌声を目指す

合唱というと、オペラ歌手のような特別な「良い声」をイメージされる方も多いかと思います。

たしかにそういった声は魅力的です。ですが、初心者の方が目指す声はそこではありません。

合唱初心者がまず目指すべき声は「自然な声」です。

初心者のうちは特に、

無理に音色を作ろうとせず、自分の出しやすい声

で歌ってください。

不自然に作った声というのは、

  • 音程も狂いやすく
  • 周りの声とも溶け合いにくい

です。

どうしても力んだ声になってしまう時は「あくび」の声をイメージして声を整えてみてください。

オペラ歌手の声が悪いということではなく、表現したいもの・目的によって適切な声は変わると考えてください。

発声のポイント6.明るい表情で歌う

歌う時は明るい表情で歌いましょう。顔が明るいと声も明るくなります。明るい声は

  • 響きやすく
  • ハモりやすい

です。

なんでもかんでも明るく歌えば良いというわけではありませんが、声の音色はおしなべて暗くなりやすい傾向があります。

なので普段は「明るめ」を意識する方が良いと私は考えています。

顔の体操もこちらの記事(【合唱で役立つ】発声練習前の体操・筋トレメニュー【動画あり】)で紹介しています。

ただし、無理に表情を作ろうとして脱力・自然な声から離れないようにしてください

発声のポイント7.周囲の声を良く聴く

歌い方そのものとは少し離れますが、「周囲の声を良く聴く」ことも気をつけておきたいポイントです。

合唱をやっていると常に言われることなので早いうちから身につけておいて欲しいと思ったから挙げさせていただきました。

合唱では、

メンバー全員で声を合わせるということが非常に大切

です。そのために必要なのが良く聴くことなのです。

初心者うちは

  • 自分の声だけを聞いてしまう
  • 周りの声を聴くとつられてしまう

といったことがあると思います。

大変ですが、そこは訓練だと思って粘り強く続けていきましょう。

周りの音を聴けるようになるというのは上達する上での大事なステップです。

だんだんと周りの音も聴けるようにしていきましょう!

発声のポイント8.音(ピッチ)は少し高めをイメージする

音楽の経験が少ない方にとっては少々ハードルの高いポイントですが、これについても避けられないところですのであえて挙げさせていただきました。

  • 「音が低いよ!」
  • 「ピッチが悪いよ!」

という指摘は、合唱人生の中ではこれから何度となく耳にすることになると思います。

それほど音程(ピッチ)というのは合唱においても重大問題です。

ピッチが悪いと美しいハーモニーが生まれません。

ピッチというのはほとんどの場合低い方に狂います。

なんとなく意識せずに歌うと正しい音よりも低い音で歌ってしまうということです。

それを避けるために、

常にピッチは高めを意識して歌う

ということが大切です。

高めを意識し続けることで、だんだんと正しいピッチで歌えるようになってきます。

初心者のうちは

「正しいピッチが分からない…」

と思いますが、これも経験を積んでいくうちに分かってくるようになりますよ。

ピッチは常に高めを意識しましょう!

まとめ:【超基本】声の出し方・発声のポイント8選

それではまとめです!

【超基本】声の出し方・発声のポイント
  1. 良い姿勢で立つ・座る
  2. 深いブレスを取る
  3. 口の開け方に注意する
  4. 自然な歌声を目指す
  5. 明るい表情で歌う
  6. 周囲の声を良く聴く
  7. 音(ピッチ)は高めをイメージする

でした。

初心者のうちは全部をいっぺんに意識するのは難しいと思います。

そんなときはまず「脱力」。それからだんだんと他のこともできるようにチャレンジしてみてください。

こちらの記事(【上達法17選】合唱が上手い人の特徴|初心者は知っておきたい)も上達のヒントになると思いますので、ぜひお読みください。

合唱上達法
【上達法17選】合唱が上手い人の特徴|初心者は知っておきたい「合唱上手くなりたい、でも上手くなる方法が分からないな…」ということがありませんか?この記事では初心者のうちに知っておきたい合唱の上達法をまとめています。内容を実践すれば確実にレベルアップできますよ。...
ABOUT ME
えすた
合唱歴10年以上のアマチュア合唱指揮者です。 合唱団運営などもやっております。