日替わりカデンツ

日替わりカデンツ②【サブドミナント・終止】センスを鍛える実践練習

日替わりカデンツ②

こんにちは! 日替わりカデンツのコーナーです。

今回のテーマはサブドミナントいろいろな終止です。

バシバシ歌ってハモって、センスを鍛えていきましょう!

ポイント解説も是非ご活用ください。

※自作カデンツにつき、禁則などが含まれているかもしれません。ご容赦を!

また、詳しい解説を読みたい場合はこちらの記事がおススメです。

和声法②
【サブドミナントと終止のカタチ】ハモって味わう和声法②こんにちは! 今回はハモって味わう和声法シリーズの第2回、テーマは【サブドミナントと終止のカタチ】となっております。 前回の...

それではどうぞ!

2-1-1.基本練習[二長調]

2-1-1
ポイント解説

多くの合唱団で取り入れられているカデンツの形がこちら。

いつもハ長調でやっていては芸が無いと思い、ニ長調にしてみました。

Ⅳの和音(機能はサブドミナント)が登場しています。

2はトニックとしてではなく、Ⅴとセットになってドミナントとして働くと捉えると良いと思います。

頻出の転回形です。

2-1-2.基本練習[二短調]

2-1-2
ポイント解説

2-2-1の短調バージョンです。

ファの音はナチュラルになっているので注意!

Ⅳの和音では、アルトとバスの音が同じになるので良く聴き合って揃えましょう。

Ⅴのとき、ソプラノの導音を聴いて次に続くⅠの和音を予想するのもポイントです。

2-2-1.基本練習[ト長調]

2-2-1
ポイント解説

先ほどのカデンツと同じようですが、サブドミナントがⅡ1になっています。

Ⅳは長調(の和音)、Ⅱは短調(の和音)なのでその違いを聴き分けてみましょう。

転回形なので柔らかい感じもあると思います。

2-2-2.基本練習[ト短調]

2-2-2
ポイント解説

2-2-1の短調バージョンです。

調号の違いに注意しましょう。

短調の場合、Ⅱがディミニッシュの和音になっています。

聴き分けられたでしょうか?

ちなみにコードネームで言えばAdim/Cとなります。

2-3-1.基本練習[変イ長調]

2-3-1
ポイント解説

やや長めのカデンツです。

段の変わり目、Ⅴ→Ⅵと進むのが偽終止。

フェイント感を味わいましょう。

その後Ⅳ→Ⅰが変終止(アーメン終止)でしたね。

つまり、偽終止と変終止の組み合わせの練習でした。

2-4-1.応用練習[ハ短調]

2-4-1後半のソプラノラインがもう一つ面白くない(作者談)
ポイント解説

応用練習です。結構長いですね。

スペースの都合上、四分音符で書きましたが今まで通りの長さで歌ってもらって構いません。

まず上段の終わり、Ⅴで一区切り。これが半終止でした。

一番最後の小節はⅣ→+Ⅰでアーメン終止。

全体は短調ですが終始和音だけ長調です。これがピカルディ終止(+Ⅰ)でしたね。

アルトの音が決め手となります。

71やⅤ73にも注目ですが、それはまた次回にしましょう。

まとめ:日替わりカデンツ②【サブドミナント・終止】

お疲れさまでした!

今回はサブドミナントが入ったカデンツと、色々な終止のカタチを取り上げました。

応用練習はかなり曲っぽくなってきましたね。

実際の曲を歌う際にも使えるレベルになってきたのではないでしょうか。

次回もお楽しみに!

ABOUT ME
えすた
合唱歴10年以上のアマチュア合唱指揮者です。 合唱団運営などもやっております。